本文へ移動

四国中央市具定町のK様邸

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

K様邸

2019-05-07
四国中央市具定のK様邸 
 
建前から約4ヵ月。現在外部は塗装サイディングを施工し、破風、軒天井を塗装し、雨樋をかけ、外部電気配線工事を終えたところです。
 
これから足場の解体作業をして、基礎塗装を施工します。
K様邸は敷地が非常に広いため、ウッドデッキや庭、お子様の
遊び場なども作る予定です。
 
 
内部はK様邸の象徴的存在の約2m幅の無垢材で施工中の階段が完成に近づいてきました。階段下は子供達が潜り込めるスペースを作り隠れ家チックにします。
階段の手摺には桧の化粧柱を使いました。それと並行して内壁の腰壁やクロス下地を施工中です。間取りはシンプルでありながら大工の技術が非常に詰まっています。
 
目に見えるところはもちろんこれから目に見えなくなる部分にもしっかりと目を配り、強度や数年後のことまで考えた職人の仕込み作業が非常に多い住宅に仕上がりそうです。

K様邸

2019-04-04
 
 
四国中央市具定のK様邸   
 
 
建前から約3ヵ月。現在外部は塗装サイディングを施工中です。
今回のK様邸ではコートリーウッドプレミアムのブラックを施工します。今回のサイディングはお施主様のご希望で縦張りにしました。
縦張りは建物の高さをより高く見せる効果があります。縦張りにすると3Mごとにシーリング材がくるのが基本ですが、今回は金物仕上げにしました。金物にすることで劣化する可能性も低くなります。
        
内部は浴室の施工を終えました。最初のご来場の図面の話等を進める前から浴槽は大きな物を希望されていたため、k様邸では1.5坪の大きなユニットバスを施工しました。
大工工事は床材を施工し終え、和室やシューズクロゼットの造作収納を施工しながら、内壁の下地材を施工中です。
ご夫婦共に家の進行状況を定期的に見学に来ていただき、大工やその他の職人ともお施主様自身が意見交換をすることでより一層コミュニケーションがとれ、より良い住宅に仕上がる。 
お施主様も白川建設の一員となり共に住宅を完成させていく。他の会社とは少し違う白川建設のスタイルにより少し時間はかかってしまいますが、良い住宅に仕上がると思います。                              
 
 
             
 
                                            
 

K様邸

2019-03-09
四国中央市具定のK様邸
  
              
建前から約2ヵ月。現在床の断熱材、30mmの杉板を施工し終え、仕上げの床材を施工中です。 
K様邸では水回り以外の床はすべて杉の無垢材を施工します。最初の計画段階ではフローリングの部分も多く玄関框(かまち)は既製品を施工する予定でしたが、少しずつ計画が変わり、床がすべて無垢材になったので、玄関框を既製品でするとすこし違和感がでると判断し、今回はケヤキを使うことにしました。
K様邸の図面の場合、玄関扉を開けると杉の無垢材の廊下が5mほどあるので、そのへんも考慮しました。
 
2階部分は床材を施工中です。2階の床にはすべて防音材を敷き、できるだけ2階の音が1階に伝わらないようにしています。
 
K様邸の階段にはピアノを置くので、その部分には傷みにくい材質のものを使う予定でしたが、お施主様の希望で階段もすべて無垢材で大工が造作することにしました。
お子様も多いので数年後、もしかしたら数ヵ月後には床が傷だらけになっているかもしれませんが、それを味として捉えていただければ幸いです。                      
 

K様邸

2019-02-06
四国中央市具定のK様邸
 
 
建前から約1ヵ月。現在外部は耐震パネル→断熱材を施工し終え、これから防水シート→胴縁→塗装サイディングを施工します。
K様邸の外部はブラック1色で統一し、柄を縦に貼るので、その分建物自体が高く見えると思います。
東に面している道路が非常に広く2階からの眺めも抜群です。
 
内部は金物、サッシを施工し終え、現在2回の床下地をしながら床1面に断熱材を施工中です。
白川建設では床1面に断熱材を施工し、その上に30mmの杉板を張り、さらにその上に床材を施工します。
そうすることで足元の冷たさの軽減が可能になります。
LDKに建てられた9本の化粧柱が存在感があり良い感じです。

K様邸 建前

2019-01-08
四国中央市具定町のK様邸
 
 
 
1月5.6日建前を行いました。今回のK様邸は約42坪の2階建て、土地が広く、北面はお子様がサッカー。南面は旦那様のトラックの駐車スペースや趣味の車いじり。
 
内部の日当たり良い東面に階段をもっていき、娘さんのピアノを階段の踊り場に配置することでどこに居てもピアノの音が聞こえる。
音と共に暮らす住宅になります。その階段の手すりはすべて無垢材で施工し、階段下には収納をとるのではなく、敢えてスペースのままにし、3人のお子様の遊び場となるようにしました。
 
お子様中心の遊び心の多い住宅に仕上がる予定です。
 
 
寒い中お菓子屋飲み物をご用意いただき誠にありがとうございました。
 
 
 
TOPへ戻る