本文へ移動

新居浜市大永山T様邸

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

T様邸

2019-10-10
新居浜市大永山のT様邸
 
 
建前から約3ヵ月。現在外部は塗装サイディングを施工中です。今回のT様邸の外壁はコルモストーンのリーフ1色で施工します。
コルモストーンは細長い少し凹凸のあるタイルを張り合わせたような柄になっています。凹凸があることで日差しの当たり方や見る方向で見た目が変化するおもしろい外壁になっています。
 
内部大工工事は床を施工し終え、残すところ内部壁、収納、造作棚となりました。
T様邸ではトイレ手洗い、キッチン裏収納、LDKのTV台、スリッパホルダー等々大工の造作が多いので見どころが多いです。
和室の天井も一部を格天井風にし、入り口、収納扉、内障子は造作建具を施工するので仕上がりが楽しみです。

T様邸

2019-09-10
新居浜市大永山のT様邸
 
 
建前から約2ヵ月、外部は断熱材→防水シート→胴縁を終え、これから塗装サイディングを施工します。
最近の住宅では部分的に外壁の色を変えてアクセントをつけるのが主流になってきていますが、今回のT様邸はリーフ1色で統一します。
リーフは木や草の葉っぱのような色相なので、自然に囲まれた大永山の街並みにマッチすると思います。
 
内部は天井のクロス下地、化粧部分の杉板張りが終わり、床の仕上げを施工中です。
T様と最初の打ち合わせ段階では木は傷つきやすい、という面であまり使う予定はなかったのですが、打ち合わせを行ったり、完成見学会に来ていただいたりする中で白川建設の木の家を体感して少し考えも変わったようで、最終的には木の香りのする住宅に仕上がりそうです。
これから収納の細かな打ち合わせなどを行います。

T様邸

2019-08-05
新居浜市大永山のT様邸
  
 
建前から約1ヵ月、現在外部は耐震パネルを張り終え、断熱材を施工中です。
T様邸の外壁は最終決定がまだの状態です。住宅を検討する中で外壁は非常に重要で難しく、サッシの色や屋根の色、軒天井や破風、周りの環境、などなどを考慮し決定しなければいけません、それを頭の中で組み合わせて決定するのはなかなか困難です。
 
現在のT様邸の状況はサッシが施工され、外壁下地も施工しかなりイメージしやすい状態になりました。一生に1度の住宅なのでできる限り悩んでいただいてお施主様目線で施工できればと思います。
 
内部はサッシを施工し終え、床断熱→下地の30mmの杉板を施工中です、サッシは内部側と外部側で色を選択でき、今回のT様邸では内部側をホワイト、外部側をブラックにしました。サッシ色によってクロスや外壁等の見栄えも変わるので非常に重要です。

T様邸 建前

2019-07-01
新居浜市大永山のT様邸
 
 
6月29.30日建前を行いました。
今回のT様邸は約42坪の平屋建て、その他にも約6畳のウッドデッキ、高級ホテルをおもわせる約7mにもなる広く長い玄関ポーチ。施工面積にすると約48坪にもなります。
 
約28畳の広いLDKには奥様希望のアイランドキッチンを、洗面室と脱衣室を別空間とすることで使い勝手を高めました。4LDKとは別に旦那様のプライベート空間である書斎もあります。
 
玄関扉を開ければ約5畳の広いホールが解放感とともに出迎えてくれます。
 
 
天候が不安定な中、お菓子や飲み物をご用意していただき誠にありがとうございました。

T様邸

2019-06-27
新居浜市大永山のT様邸   
 
今回のT様邸は農地転用が必要で、農地転用→造成→基礎工事→土台施工を終えたところです。
 
今回のT様邸は土地内での高低差が1mを超え、南側の土地は3mほど高いため、間取りの段階でその辺を考慮しお施主様と図面の打ち合わせをしました。
 
一般的には南側は日当たりが良いため大きな窓をとるのですが、今回のT様邸では周りの環境を考え南側に水回りを持っていきます。
 
それぞれの土地にあった建て方はもちろんお施主様の生活スタイルも考慮しての図面決定に至りました。 
TOPへ戻る