本文へ移動

新居浜市船木Y様邸

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

Y様邸

2020-05-01
新居浜市船木Y様邸
 
 
建前から約4ヵ月。すべての工程を終え、引き渡しを残すのみとなりました。
外部は、淡路のいぶし瓦が美しく、メインで施工された木目調のブラックサイディングとの相性も良く、現在打ち合わせ中の庭の完成が非常に楽しみです。
 
内部は玄関ドアを開けると白川建設らしい木の香りに溢れ、正面にはグリーンの大理石が高級感を醸しだしています。
その高級感ある玄関ホールに隣接したトイレの扉を開けると、旅館のような美しい壁紙に厚みのある杉の一枚板、造作建具、トイレに行くのが楽しみになるようなバランスの良い仕上がりとなりました。
 
LDKに向かうと天井には迫力抜群の曲がりの強い梁、Y様がお父様から譲り受けたケヤキが様々なところに加工され施工されています。
今回加工させていただいたケヤキは木目が特徴的で面白く、住宅の雰囲気をうまくまとめてくれています。
LDKの床は栗、壁は塗り、畳は2色、南面には広い開口、見どころが多く飽きも来ない、ケヤキのおかげで、新築ながら何年も住んだような、そのような味のあるLDKになりました。
 
各居室は壁紙、建具、床材の種類を変え、3室それぞれがまるで違うコンセプトの住宅から集められたような個性がある居室となりました。
 
外構工事が終わって、この個性的な住宅とどのような組み合わせになるのか楽しみです。
 

Y様邸

2020-04-07
新居浜市船木のY様邸
 
 
建前から約3ヵ月。外部は黒の木目調のサイディングが淡路の一文字瓦とうまく調和しています。
 
内部はクロス、塗り、タイル、大理石、様々な仕様を駆使して仕上げます、まずは玄関正面に貼られたグリーンの大理石、大理石はヨーロッパの彫刻や建造物に使われており、ダビデ像やコロッセオなどが有名です。
大理石は少し繊細ではありますが非常に美しく、似たような模様はあっても同じ模様はなく、1枚1枚が絵のような存在感があり、光沢も美しく、少しのスペースに貼るだけでも住宅全体に洋を感じさせてくれます。
このインパクトのある大理石の壁と、クロスや塗り壁がどのように組み合わさるか楽しみです。大工工事は収納棚、巾木、廻り縁を施工しました。
 
お父様から譲り受けたケヤキは加工し棚板へと変貌を遂げ、新たな生活を共にすることとなりました。
 
Y様邸は各居室の収納が非常に広く、それぞれの使い勝手を考え可動棚を配置しました。そのため広さは同じでも全く使い方の異なる収納内部になりました。
 
 

Y様邸

2020-03-05
新居浜市船木Y様邸 
 
 
建前から約2ヵ月。現在外部は断熱→防水シート→通気胴縁を施工し終え、これから黒の木目調の塗装サイディングを施工します。
 
内部は天井を施工し終え床の仕上げ材を施工中です。今回のY様邸の天井は玄関ホールに癖の強い変木を入れています。
他にもLDKには曲がりの強い梁を3本、寝室には化粧梁をあえてクロスに施工しています。なので天井部分だけでも様々な違いを感じられると思います。
 
床材はLDKに栗を施工します。
栗は路線の枕木に使われていたくらいなので、非常に耐久性に優れています。それに加え木目が美しくでて昔から人気のある床材です。
 
水回り等は光沢が強く木目が美しいダイヤモンドフロアーを施工しました。
 
床材を施工しながら収納内部も施工中です。収納内部は白川建設の特徴でもある全面杉板張りです。
 

Y様邸

2020-01-30
新居浜市船木Y様邸
 
 
建前から約1ヵ月。現在内部は筋交い→金物→床断熱→床下地を終え、これから天井の下地を施工するところです。
 
Y様邸ではお父様から譲り受けたケヤキを机や棚に加工する予定です。このような事例はよくあることで、職人の技術力や自社加工であるからこそできることです。
お施主様が小さなころに住んでいたご実家の柱や梁をこれからご自身で住む新築住宅に再利用することで、実家の匂いや思い出まで引き継ぐことができます。
 
外部は屋根を施工し終えました。今回のY様邸では淡路の一文字瓦が葺かれ、切妻の平屋建てには抜群の相性です。
外部塗装サイディングは黒を基調としたシンプルな木目調を施工する予定なので、内外部ともに『和』で統一された雰囲気になりそうです。

Y様邸 建前

2020-01-04
新居浜市船木Y様邸
 
 
12月27.28日建前を行いました。
今回のY様邸は約31坪の平屋建て、2面が道に面していて、周りも静かで落ち着いていて山が近く空気もおいしい。非常に良い土地です。
 
吹き抜けのリビング部分の南面には落ち着いた風景をより広く眺められるよう掃き出し窓を2カ所設けました。間口が2m50cmほどある4枚の引き違いの掃き出しからは、これから計画する庭と、南面の山景が眺められます。
 
吹き抜け部分には曲がりの強い梁を施工しており。リビングでくつろぎながら眺められる設計となっています。これから完成に向けて落ち着いた雰囲気の街並みにどのように溶け込むのか楽しみです。
 
年末でばたばたとお忙しい中、お菓子や飲み物をご用意いただき誠にありがとうございました。
TOPへ戻る