本文へ移動

西条市飯岡S様邸

ブログ

S様邸

2020-07-07
西条市飯岡のS様邸
 
 
建前から約3ヵ月。外部は塗装サイディングを施工し終えました。ブラックをメインにアクセントでブラウンの木目調を、カーポートの軒天井にも木目調のものを施工しました。
 
これから破風の塗装、雨樋の施工になります。
 
 
内部は2階の防音シートを施工しながら、造作建具の枠を取り付け中です。扉の枠も無垢材になるため既製品と違い微妙な寸法が難しく、職人が時間と知識を使いじっくりと加工し取り付けています。その分既製品とは違う『手間をかける』美しさがあると思います。
 
S様邸は設備器具のこだわりが強く5つのメーカーのショールームに足を運び、現在も検討中です。
 
近年キッチンはどのメーカーもスタイリッシュで各々の個性があり、まるでインテリアのような仕上がり。
 
キッチンの選定で家の雰囲気がガラッと変わる。それほど住宅には重要な存在になっています。特にS様邸はLDKが約25畳と広くアイランドで中心部にキッチンがくるため、どのような雰囲気になるのか楽しみです。

S様邸

2020-06-04
西条市飯岡のS様邸
 
 
建前から約2ヵ月。現在外部は断熱材を施工し、防水シート→胴縁施工を終え、これから塗装サイディングを施工します。
 
色はブラックに決定したので、今回施工したブラックの板金屋根にも非常にあうと思います。
 
内部はサッシの施工を終え、床材の下地の30mmの杉板を施工中です。今回のS様邸の仕上げの床材は、1Fにはサクラの無垢材を、2Fには杉の無垢材を施工します。
 
そうすることで1Fと2Fで雰囲気はもちろん香りまで変わり楽しみが増えます。
1Fに設けた吹き抜けからは2Fに設置予定のグランドピアノの音色が響き渡るような計画にしているので、木の美しさや香りと合わさりリラックスできる空間になると思います。

S様邸

2020-05-08
西条市飯岡のS様邸
 
 
建前から約1ヵ月。現在外部は板金屋根を葺き終え、耐震パネルを施工し、これから断熱材を張っていきます。
白川建設では断熱材は外張り断熱にしています。
外張り断熱にすると、すべての外壁部分を袋のように包み込む必要があるため、コストがかなりかかりますが、その分管柱等から逃げる熱もなく、断熱性能はもちろん結露の防止、気密性、ニッチ、吹き抜け等が多い白川建設には施工面でも相性が非常に良いと考えています。
 
内部は筋交い、金物の施工を終え、サッシの枠を取り付けているところです。
白川建設では現在全棟を耐震等級3にしています。日本は世界でも上位の地震大国です。
近年耐震等級3はハウスメーカーはもちろん、工務店でも最低水準になってきました。
そんな時代だからこそ、現在でも数多くの地震を金物ではなく木の組み方で耐えてきた、お城や神社仏閣にならい、木の組み方で地震に耐えれる。白川建設の職人だからこそできる家造りをしたいと思います。

S様邸 建前

2020-04-06
西条市飯岡のS様邸
 
 
4月3.4.5日建前を行いました。今回のS様邸は約62坪の2階建て、ビルトインガレージや小屋裏部屋、LDKの吹き抜けからは上小無地の美しい杉板を見上げることができます。
 
今回は白川建設では珍しい板金屋根を施工します。
S様邸は屋根の面積が200㎡とかなり広く、シンプルな切妻なため、板金らしい輝きや見た目の軽さが美しい仕上がりとなると思います。
 
白川建設らしい化粧柱や化粧梁はもちろんふんだんに使っているので、住宅内部が木の香りに包まれるような落ち着いた住みやすい雰囲気になると思います。
 
 
お忙しい中お菓子や飲み物をご用意いただき誠にありがとうございました。
TOPへ戻る