本文へ移動

西条市飯岡S様邸

ブログ

S様邸 

2020-11-19
西条市飯岡のS様邸
 
 
建前から約7ヵ月。内部工事はすべての工程を終え、美装工事も終わりました。
美装工事を終えたことで養生も撤去され、美しい桜や杉の床材が姿を現しました。
 
床材は職人が施工後傷防止のためにすぐに養生をします。
そのため床の仕上がりがお施主様の目で確認できるのは美装後になります。
 
今まで養生で味気のない茶色だった床が、無垢材の美しい色合いが見えたことで、住宅全体が華やかになり、造作建具やクロス、窓、キッチン等が美しく見えます。
 
LDKから見上げられる節の無い木組みは圧巻で、お施主様のセンスの良い照明ともうまく調和しています。
職人の造作手すりも共に見上げられます。
 
和室にもかなりこだわり、建具はすべて造作にし、桧の無地板による細工天井はS様邸のすばらしいアクセントとなりました。
 
玄関を開けると木の香りに迎えられるまさに『木の家』の完成です。
 
これから長い計画時間をかけた庭の施工に入るので仕上がり
が楽しみです。

S様邸

2020-10-19
西条市飯岡のS様邸
 
 
建前から約6ヵ月。内部は造作建具を施工し、これからカーテンや照明を施工予定です。
 
奥様こだわりのビルトインガレージは3台の車を優々と停められる大空間。
シューズクロゼットが隣接して繋がっており、雨の日でも濡れることなく内部に行くことが可能です。
手洗いも設けているので使い勝手も非常に良いです。
 
住宅内に入ると木の香りに包まれながらも、壁面には珪藻土やタイル、桧の化粧柱などがうまく調和しています。
洗面台や机、棚等には杉の厚みのある無垢板を施工しているので、どこに目線を送っても木を感じられると思います。
LDKの吹き抜けからは2階に置く予定のグランドピアノの音色が聞こえてくるでしょう。
 
 
外構工事は造園屋との最終打ち合わせも終了し、これから工事に入ります。
白川建設では庭と住宅の1体化(邸屋一如)を大切に考えているので、敷地に対しての駐車場や庭、住宅、すべてがバランスを大切にしています。
 
 

S様邸

2020-09-04
西条市飯岡のS様邸
 
 
建前から約5ヵ月。現在大工工事を終え、これからクロス工事に入るところです。
 
S様邸は造作収納のパターンも様々で、しっかりとその収納の用途を考え棚の高さなどを考えました。
 
和室の天井も桧の無垢板を張り終えました。
和室の天井のデザインはこちらにおまかせということで、インパクト重視の仕上がりとなりました。
 
和室の入り口はもちろん、収納扉や内障子もすべて既製品なしの職人による無垢材での造作になるので、見た目や香りまで楽しめる仕上がりになりそうです。
 
最近では洗面所の手洗いも既製品ではなく無垢材での造作が増えてきました。無垢材も塗装を施せば水回りにも問題なく使えるのでおすすめです。S様邸の洗面所の手洗いも無垢材造作です。
 
洗面台を既製品にするとどうしても生活感が強く出てしまうので、高級旅館のイメージで、無駄な棚は省いて必要最低限の洗面台や鏡のみにすることで、生活感がでにくく非常にすっきりとした仕上がりになります。

S様邸

2020-08-12
西条市飯岡のS様邸
 
 
建前から約4ヵ月。白川建設では基本墨付け~完成まで一人の職人が手掛けるのですが、今回のS様邸は最初の段階から職人二人で手掛けています。
 
住宅自体が大きいことはもちろん、階段手摺や書斎の机、手洗い、建具、和室の天井など、いたるところが無垢材仕上げ。そのため加工や取り付け物も非常に多く、2人の職人で手掛ける判断としました。
 
それぞれの造作は見た目の美しさはもちろん、目に見えないところにも気を配りしっかりと手をかけ、お施主様ができるだけ快適に生活できるように考えました。
 
和室の天井は周囲に間接照明を設け、中心は桧の板張りとする和モダンになります。
玄関から見える建具も造作で、建具屋の作成したプランをもとにデザインを決定していきます。
 
 
先日造園屋と最終の打ち合わせを行いましたが、着工前から色々と検討していたため満足のいく仕上がりになると思います。9月末頃を目途に完成予定ですが、これからクロス等もじっくりと決めていければと思います。

S様邸

2020-07-07
西条市飯岡のS様邸
 
 
建前から約3ヵ月。外部は塗装サイディングを施工し終えました。ブラックをメインにアクセントでブラウンの木目調を、カーポートの軒天井にも木目調のものを施工しました。
 
これから破風の塗装、雨樋の施工になります。
 
 
内部は2階の防音シートを施工しながら、造作建具の枠を取り付け中です。扉の枠も無垢材になるため既製品と違い微妙な寸法が難しく、職人が時間と知識を使いじっくりと加工し取り付けています。その分既製品とは違う『手間をかける』美しさがあると思います。
 
S様邸は設備器具のこだわりが強く5つのメーカーのショールームに足を運び、現在も検討中です。
 
近年キッチンはどのメーカーもスタイリッシュで各々の個性があり、まるでインテリアのような仕上がり。
 
キッチンの選定で家の雰囲気がガラッと変わる。それほど住宅には重要な存在になっています。特にS様邸はLDKが約25畳と広くアイランドで中心部にキッチンがくるため、どのような雰囲気になるのか楽しみです。
TOPへ戻る