本文へ移動

新居浜市宇高町A様邸

ブログ

A様邸

2020-08-10
新居浜市宇高町A様邸
 
 
建前から約3ヵ月。現在外部はタイルを施工中です。外壁をタイルにすると見た目はもちろん耐久性も非常に良く、タイルは100年は大丈夫といわれるくらいです。塗装サイディングや板金、吹き付けなど現在様々な外壁の種類があります。
 
基本的に外壁が劣化する原因とされているのは、雨風や日光による痛みや色あせです。タイルは陶器のためその心配もほとんどなく、もし雨風等で汚れの付着等があったとしてもメンテナンスも非常にやりやすいです。
 
初期投資こそ掛かりますが、長い目で見たときにタイルは非常にオススメです。
 
内部は床の仕上げ材を施工中です。1階の床はお子様や使用頻度を考え単板張りの銘木フローリング床材を、2階はすべての床材を桜の無垢材で仕上げる予定です。和室の天井には桧の無地板を施工しました。玄関框にはケヤキを施工予定なので杉、桧、桜、ケヤキ、様々な樹種が目で楽しめる仕上がりになりそうです。
 

A様邸

2020-07-07
新居浜市宇高町A様邸
 
 
建前から約2ヵ月。現在外部は防水シート→胴縁→軒天井を終え、これから外壁を施工します。
A様邸はカタログを見たりサンプルを取り寄せたり、実際に足を運んだりと、色々と検討して最終的には全面タイル張りに決定しました。
 
色はベージュで統一、タイルに少し波柄が入ったタイプにしました。実際に白川建設でタイルを使った住宅を何件かまわっての決定となりました、
 
A様邸は延べ面積は41坪ですが、ベランダやインナーウッドデッキがあり、外壁面積はかなり広く、全面タイル張りになるとかなりの迫力になると思います。
 
内部は床の断熱材と下地を終え、天井を張り、これから床の仕上げ材を施工します。
床下や天井裏は完成すると見えない部分になります、そこには電気配線や給排水配管があります。
白川建設では吹き抜けや化粧梁が多く、配管や配線をどの位置に持ってくるかが難しく、しっかりと職人と打ち合わせをして施工しています。
 
A様邸の玄関框にはケヤキ、和室の扉は造作、天井は桧の無地板を施工予定です。

A様邸

2020-06-16
新居浜市宇高町A様邸
 
 
建前から約1ヵ月。現在外部は耐震パネルを張り終え、断熱材を施工中です。
A様邸の広い南面にはカーポートを設置予定で、その隣には造園を計画します。
田んぼを挟んだ東側道路からはA様邸の外観がよく見え、車通りも多いので、その辺も考慮しながら造園と外壁の種類を決めていきたいと思います。
 
内部は金物、サッシの取り付けを終え、2階部分は床下地、ベランダを施工中です。
ベランダは南面に約6畳と広くとり、布団や洗濯物を干せるスペースとしました。
 
内部に立つと外壁下地やサッシが施工されたため、少し住宅のイメージが掴みやすくなるので、これから内部の冷蔵庫やTV、インターホンモニター、コンセントなどの配置を実際に現場で確認しながら決定していく流れになります。その配置により、ダイニングテーブルやソファーの位置もだいたいは決まってきます。
 
2階の子供部屋の床は杉の無垢板を張るので、1階.2階共に、木のいい香りがする仕上がりとなりそうです。
 
 

A様邸 建前

2020-05-18
新居浜市宇高町A様邸
 
 
5月15.16日建前を行いました。今回のA様邸は約41坪の二階建て、約20畳のLDKにはお子様のプレイルームを計画予定、日当たりの良い南面にはインナーテラスを計画しました。
天気の良い日は日向ぼっこをしたり、洗濯物を干したりと用途は様々です。
 
そのLDKの天井には今回化粧梁として300mm角の杉の無垢材を入れました。化粧柱にはお施主様の希望で丸みのあるものを。
床材や外壁はこれから検討します。
 
洗面脱衣室は約5.5畳と広く計画し、外部に繋がるウッドデッキを施工し、晴れの日はそのままウッドデッキで洗濯物を干し、天気の悪い日は広くとった洗面脱衣室で干す、どちらにも対応出来る間取りとしました。
1階も2階も窮屈に感じる部分がなく生活できる間取りになったと思います。
 
天候の悪い中お菓子屋飲み物をご用意いただき誠にありがとうございました。
TOPへ戻る