本文へ移動

庭とともに暮らす家

和の伝統を継承する家

特設ページ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

約80坪の平屋建て

2016-03-04
O様邸
 
 
まずは木材を選定するところから、今回のO様邸は約80坪の平屋建て、玄関の入り口と和室には節のないヒノキを、昔でいう大黒橋には30㎝角のケヤキを、リビングには6mの杉の28㎝角を、その他のにも多くの化粧柱や化粧梁を使用する予定です。
 
 
今回は80坪の平屋建てという大きさと、お施主様が昔ながらの木をふんだんに使った日本建築をご希望されていたため、材料を選定するのに約6ヵ月の期間を費やしました。
その選定した木材をお施主様にもご覧頂き、そして現在はその木材を匠達が加工中です。
 
 
そして先日地鎮祭を行いました。
この特設ページでは、木材の選定から完成までを写真と共に掲載していきます。
 
 
TOPへ戻る