本文へ移動

四国中央市入野K様邸

ブログ

K様邸

2021-11-08
四国中央市入野のK様邸


建前から約1ヵ月。現在外部は屋根瓦を施工し終え、外部の耐震パネル→断熱材を施工中です。
K様邸の屋根瓦はS型のチョコレート色、遠くから見てもインパクトがあり、切妻の大きな屋根にマッチしています。

外壁はホワイト1色なので、より一層屋根が目立つ仕上がりになりそうです。

内部は金物→サッシを施工し終え、天井下地を施工中です。
今回は吹き抜けがあるため、先に吹き抜け部分の天井や壁を施工します。

お施主様の希望で、吹き抜け部分の母屋や束、母屋間の板は杉の節の無いものを選定しました。

節がないため、木目が良く目立つようになり、木を使っているのですが節のあるものと比較すると少しだけ洋風に見え、白いクロス等には非常に相性が良いと思います。

できる限り大きくとった天窓からは温かい日差しが確保でき、食卓を明るく照らしてくれる予定です。

これから天井の仕上げにはいります。K様邸では玄関ホールには無地の杉板、トイレには浮造りの幅の広い杉板を施工するので、老舗旅館のような味のあるトイレに仕上がればと思います。


K様邸 建前

2021-10-10
四国中央市入野のK様邸


10月7.8日。建前を行いました。
今回のK様邸は約33坪の平屋建て、南北に風が抜けるように設計されたLDK、床には桧の無垢材を施工予定、吹き抜けは美しい木組みが眺められ、大きな天窓からも採光を確保。

4LDKに広い洗面脱衣所、トイレも2カ所、各居室に広い収納をとりつつもLDKにも収納を確保、そのLDKは24帖と非常に広く使い勝手の良い整った形に、それでありながら約33坪という大きさ。

無駄の全くない考え抜いた間取りになりました。軒の出も800mmと深くとることで雨風から外壁を守ってくれるよう計画しました。


お忙しい中、お菓子屋飲み物をご用意いただき誠にありがとうございました。
TOPへ戻る